@nuxtjs/tailwindcss@2.0.0がバグってpurgeCSSが効かなくなっている

2020/06/18 14:47:182020/06/25 01:01:27

題の通り。タイトルには(うちの環境で)とかつけた方が良かったかもしれない(おま環の可能性がある)。
おそらくtailwindcss本体にpurgeCSSが導入されたのも理由の一つではあるのだが、現在nuxtjsに対してpurgeCSSを導入する方法が各サイトバラバラで、しかも@nuxtjs/tailwindcss@2.0.0を用いると盛大にバグってビルドがコケる。
  • 確か@fullhuman/postcss-purgecssの依存のpostcss-loaderTypeError: Cannot read property 'filter' of undefinedがなんちゃら〜というエラーがcssファイルの数だけ出る。
しばらく直そうとはしてみたが、実際平穏な直し方としてはv1最新の1.4.1に書き戻すのがベストな気がする。

しかしまあ実際tailwindcssにpurgecssが同梱されたというのは便利で、例えばparcelで組んでいるアプリであればparcel-plugin-purgecssなどのプラグインを削減できる。

追記: nextjsに使う時?はwhitelistとかのpurgecssのオプションをoptions: {}に入れないといけないみたいです


著者の画像

ci7lus

@ci7lus

Caramelize - Made withCaramelizeand / Privacy